みおだより

2018.02.10

第9回 みおつくし福祉会「実践研究発表会」開催!!

 第一部は福祉会が運営する生活保護施設、児童養護施設、児童心理治療施設、母子生活支援施設、通所介護・居宅介護支援事業所、保育所、ホームレス自立支援施設での日頃の業務での実践報告・事例報告を発表。第二部では、公務で参加できない職員も多い中、今年採用された若手職員からベテラン職員約300名が参加し、意見交換会を開催しました。

 他施設の職員との交流も含め、それぞれの業種を超えての意見交換や見聞を広めることができるのも、みおつくし福祉会の大きな特色の一つだと思います。

 最後になりますが、それぞれの研究発表へのご講評、また専門分野からの動向等をいただきました「阪野 学」先生、また福祉会監事「島川 勝」様、福祉会顧問社労士の社会保険労務士法人NSR代表「中島 泰之」様、皆様には公私ともご多忙のところ、発表会並びに意見交換会にご臨席いただき有り難うございました。

 

1.開  催  日  平成30年1月27日(土) 午後2時~午後6時30分

2.開  場  大阪府教育会館たかつガーデン 8 階「たかつ」

3.発表内容  ① 淀川寮更生

          「生まれ変わりへの後押し~更生施設と個別支援の変革」

        ② 長柄保育園

          「子どもを見守る目、見守る目を養うために」

        ③ 東さくら園

          「地域全体で子ども達を育む仕組みづくり 退所児童学習塾”ひだまり”の取り組み」

        ④ 助松寮

          「助松寮のホーム食について考える30年・・・そして・・・」

 

 

     《発表会場の様子》

 

   ご臨席いただきました

  大阪成蹊短期大学 幼児教育学科 准教授  阪野 学 先生

 

 

 

     《淀川寮更生 発表の様子》                                                             《長柄保育園 発表の様子》

           

 

     《東さくら園 発表の様子》                                                             《助松寮 発表の様子》

     

 

     《意見交換会の様子》                                                                     《意見交換会の様子》

             

 

 

 

 

 

みおだより一覧に戻る

過去の記事